スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

163日目(2013/10/10)

ネットカフェに泊まったので例によって例のごとく寝不足な私
そしてせっかくだからと時間ぎりぎりのAM9時まで居座る私
その後は朝飯を食うために近くの松屋へ

さあ、蔵王に登るんだししっかり飯食って体力作らないとな
蔵王登るんだから体力つけないとね
大盛り2食、いつも通りの飯ですね
旅を終えてしばらくした今ではここまでの飯は必要としてないからやっぱり体使うと飯を必要とするんだなあ


飯も食ったし、蔵王を目指して行くとしますか
だらだらと行っても11時ぐらいにはヒルクライム開始できるでしょう


そう思って進んでいたらヒルクラ開始直前でパンクが・・・
ガラス踏んだのが原因とはいえすぐにまたパンクしたことを考えたらこのタイヤの限界もそろそろか
確かにスリックタイヤに近い溝の状態になってきてるし後1回旅を終わるまでに変える必要あるなあ


パンク修理をするために空気入れを借りるために自転車屋が近くないかとコンビニで聞いたらすぐ近くにあると教えてもらったので行ってみたら、自転車やってよりは自転車修理をおまけでやってる個人の家って感じの場所だな
まあ、家の人がいないのかインターホン鳴らしても全然反応なかったから勝手に空気入れだけ借りたけど良いよね?

そんな感じで修理終わったけどトイレへ行きたくなったので少し戻ってさっきのコンビニへ行くことに
ここで行っとかないと行く場所しばらくないだろうから仕方ないんだけどせっかく登った数十メートルがもったいない

お釜まで26km
改めてこの26kmの道のりを登ってお釜を目指すとしますか
予定よりもだいぶと遅い時間になったけど何とかなるでしょう。


斜度5%ぐらいの坂だしそこそこ速度出るなと元気よく登り始めましたよ私
まあ最初だけだったんですけどね
さすがに距離が長すぎるので
「あ、これ無理」
って感じですぐに時速10km以下になりましたとも

ダラダラダラダラ
と走っていてそろそろ休憩したいなあと考えていたらありがたいことにレストハウスが
蔵王中腹のレストハウスで休憩
トイレだけ借りてチャリの横でしばらく休憩
再出発してまたダラダラダラダラと登ります

するとこんなものが
標高1000m森林限界が近いな
標高1000mも超え樹木もまばらになってきたしそろそろ森林限界なのかね?

もう少し登ったら高い木はなくなり紅葉も始まってるような場所に到着
この辺りは紅葉が始まってるのか
10月頭だってのにこの辺りは紅葉が進んでるのか

このときはいい天気だったのでこのときは何の不安もありませんでしたよ
いい天気この時はまだ何の不安もありませんでした

その後も登り到着しましたロープウェイ乗り場
どこにチャリ止めようかなと考えていたらおっちゃんに話しかけられた
このおっちゃんがバスで来たらしいんだが私がチャリで登ってるのを見てたらしい。
そんな私に対して
「馬鹿だろ」
ととてもありがたいお言葉を
まあ、荷物あってこの道登るやつは馬鹿なのかも知れないけど私以外にもいますよ?

他にも何人かに声かけられたけど高いところにいると想像しないからか声をかけられる割合が高い気がする

肝心のお釜を見に行くためにロープウェイ乗らないと行けないのかな?と考えていたんだけれども私を馬鹿呼ばわりしたおっちゃんが
「登山道で行くんだろ?」
と登山道があることを教えてくれたのでそっちで行くことに
大体20分ぐらいの道のりらしいし
SPDで登山するのにもいい加減慣れてきたし
慣れちゃいかんものに慣れてしまった気もするが気にしない

肝心の登山道はこんな感じ
お釜への登山道1 お釜への登山道2
お釜への登山道3
思ったよりも険しい道のりだった

登り終わったし、肝心のお釜を見るぞ!

ああ、これがお釜か・・・
ああ、なんも見えねえや
仕方ない、神社あるらしいしそっち行ってみて帰りにもう一度覗いてみよう
と神社のほうへ

蔵王にも賽の河原あるんですね
するとこんなところにも賽の河原が
ちゃんと調べたことないけど日本全国に賽の河原って何個あるんだよw

その後もお釜周辺で10分ほど粘ったものの霧は晴れず
そろそろ下山しないと日暮れを迎えるってことで泣く泣く去ることに

パンクさえなければとこの時ほど強く思ったことはこの旅の中でないな

で、下山を決意して下を見ると素晴らしい雲海が広がっているじゃあありませんか!!
素晴らしい雲海だ
すげー
とこのときはまだ思っていた

その後、登山道を歩いているときに撮った写真がこれ
これはやばいんじゃないかな
あれ?この雲、俺が走ることになる道におもいっきりかかってね?
やばくね?


まあ、それでも下ることにしましたよ
するとすぐに道はこんなことに
五里霧中ってこういうことを言うんだろうな
真っ白じゃねえか!!
でもこのときは前方5mぐらいまでは見えたからまだ何とかなった

こっからさらにひどくなり3m先も怪しいほどの濃度に
そんな状態なので下りなのにサイコンが示している時速は20km程
マジでこれ以上の速度で走るとがけ下に落ちそうで怖くてスピードが出せん
ライトつけてる対向車が真横に来たぐらいでようやくわかるレベルと言えば少しは伝わるのかな?

で、恐怖しかないダウンヒルを終えすぐ近くにある寂れた遠刈田って温泉街で温泉に入ってそこの人に教えてもらった公園で野宿をしてこの日は終了。

この公園バーベキューように水道とかはあるんだけど、大きい軒下はないのでテントが微妙に濡れそうだなと思ったが贅沢を言ってられんので東屋に半分ほど突っ込む形でテント立てて寝ましたとさ

翌日雨予報だからテントぬらすことになるんだろうなあ
めんどいなあ



より大きな地図で 163日目 を表示
スポンサーサイト

162日目(2013/10/9)

さてさて161日目の日本3大景観のゆるせる場所で宮島って書いてるつもりで何故か松島って書いてたねこカンです。
まあ、直しましたけどこのブログかいてるときに。

では、この日のことを

松島海浜公園で寝たって書いたけどここには屋根がなかったので雨のときはお勧めできないね
そんな私はここにテント立てたんだ。
松島海浜公園の寝床
まあテントを回収した後なので写真の情報としては微妙かもしれんが

ここでテントの乾燥やら何やらを少しすることにして出発を少し遅らせることに

理由はあるんですよ
書いてなかったけど前日の公園到着直前で後輪がパンクしてしまって夜のうちにパンク修理したものの近くのホームセンターで空気入れを借りよう、だって携帯ポンプで適正圧まで入れるのだるいから近くにあるならそこまで走れる程度に入れりゃいいかなとゆっくりとすることに。

途中で双観って展望台の看板を見つけたので行ってみようと思いよってみたらこんな感じの景色
双観からの景色
やっぱり松島の景色は俺の心に響かないなあ

そんな寄り道して時間調整してホームセンターの開く30分ほど前に到着、時間もあるしとスーパーで買い物したり今後の考えたルートをfacebookにupしたりして開くの待ってた。

なおうpしたルートがこちら。
仙台(現在地)→(笹谷峠)→山形→蔵王→福島→宇都宮→日光(いろは坂)→渋峠→長野→木崎湖→松本→軽井沢→前橋→さいたま→水戸→大洗→海岸沿い?

何ていうか北海道終わってから急ぐ必要ないし色々回りたいとか長野にもやっぱり行きたいとか考えてたらこれひどいルートだよね
どんだけ内陸を抉るんだと自分でも思わないでもない


その後は予定通り仙台市内に到着
恒例の駅前撮影するポイント探すために駅の前を通過してたら私にとって懐かしい店を発見

ずんだカキ氷まだあったのかな?
1年前にここでくふぃーるさん(ネットの友人)とずんだカキ氷食ったんだよなあ
とたった1年前のことに対してすごく懐かしいと感じてる俺がいたな

彼がこの時も仙台の近くに住んでたらそこまで行ったんだろうけど残念なことに関東に引っ越していないからお邪魔するわけにいけなかったんだよな

なお駅前はこんな感じ
仙台駅
やっぱ仙台はでかいな

仙台の町並みも軽く見たしこのまま山形向かってもよかったんだけど、せっかくだからと少し寄り道をして仙台城後を目指すことに。

そして、頑張って登って仙台城後に行ったってのに駐車場の文字を見てそこまで行くのなんかだるいなと思ってしまい結局行かない俺
何のために100m以上登ったんだ
しかも斜度10%以上の場所あったよね


でも気分が乗らなかったんだからいいかとこのまま先を目指すことに
さあ山形を目指すぞ

笹谷峠は900mかあ結構登らんといかんな
まあ距離もあるし最後15kmぐらいかな?登り区間はと思ってたらしょっぱなからずっと登らされた
まあ最後10kmぐらいが本格的なのぼりって感じでそれまではとてもゆるい坂道だったけど体力が奪われたところでとどめ感じで斜度があがったから辛かったなあ

そして本格的なのぼりが始まってもこんな感じであまり景色よくないし
こんなところを走って山形市を目指します
テンションも上がらないってもんよ

でもまあ峠を制して山形側には結構いい景色があったからよしとしよう
笹谷峠てっぺん近くからの景色
あの道を走って山形市内を目指すのか
時間があればもう少しゆっくり撮影しながら走りたいところだがすでに17時近くになって闇が迫ってるし急いで市内を目指すとしよう。


なお上の写真は峠のてっぺんから少しだけ下ったところの景色
だって、てっぺんはこんな感じで見通しゼロだったからね
笹谷峠のてっぺん


その後はノンストップでダウンヒルをし20km程の道のりを1時間かけずに市内に到着
下りで40km以上出てたからそりゃそうなるか

18時までに市内着くまでに完全に日が沈んでしまったんだからだいぶと日が短くなってきましたなあ

せっかく山形市についたんだしと恒例の駅前撮影
山形駅前
飯を何食うかなと色々考えてみたけど山形でそこまで食べてみたい名物も思いつかないって情弱さんなのでその辺のスーパーで飯を買ってネットカフェへ行って終身。


正直この程度の町だったら余裕で野宿できるんじゃね?
と、とても一般の感覚では考えれないことも思ったけど2日連続で充電できてないし翌日以降もやばそうな事を考え確実に電源を確保するためにネットカフェへ
ですので山形市内のお勧め野宿スポットは探してないんだよな

さあ、明日は蔵王さんこの旅初めてチャリ標高1000mを超えることになるのかな?
もしかしたら盛岡直前で通った峠が1000mあったかもしれんけど



より大きな地図で 162日目 を表示

より大きな地図で 162日目 を表示

161日目(2013/10/8)

さて前日にいただいたパンなどを食って出発するかと思い薄皮チョコパンなどを食ったんだけどとっても甘くて食えたもんじゃない。
これは俺の体調がまだ悪いから食欲がないのか?
と考えたりもしたが単純に私には甘すぎただけだな。
だって他の物だったらそれなりに食えたし。

今後、薄皮ちょこぱんを自分で買うって選択肢が消えたな。

そんな感じでちょっとあれな食事になったけど出発。

タラタラ走って海岸近くに出てくるとやはりこの辺りは特に被害がひどかっただけある場所って感じのところに出てきた。
被災地の現状

この景色を見て私が思ったことは被災地は大変だってことよりもやっぱりここも去年(2012年夏)と大してかわっとらんな
やっぱり田舎だからってのと広範囲が被害にあったってことの影響がでかいんでしょうか

そして去年お世話になったなと自分にとって思い出があるこの道の駅も大きくは変わっていなかった
道の駅大谷海岸 道の駅大谷海岸の裏側

まあトイレが仮設の物から変わってたりとか少しだが改善はしていたんだが、ここに鉄道を通すことはもうないだろうな。

その後もこんな感じの場所をどんどん走ります。
被災地の現状2 仮設の橋
やっぱりこの辺りも何もできてない

時すでに遅しって感じだけど急いで人が再び住めるようにしないとマジで誰もいなくなるだろうなこの辺り。


その後は、松島の景観を求め壮観って展望台へ
松島には何でも4大観ってのがあるらしく壮観はその1つとのこと。

全く期待していないけど万が一壮観からの景色がよかったら全部回るとしよう。
と期待していないにもかかわらず寄り道をすることに。
壮観へ行くためだけに往復で10km以上無駄に走ることになるってのに俺は馬鹿なんでしょうか。

くだらない事を考えながら走ってたら着きました展望台の入り口に。
松島4大観_壮観の入り口

なるほど、この後はこんな感じの道を結構歩かんと展望台には着かんのか。
壮観への道

俺、SPDシューズで歩きすぎな気がするが気のせいじゃあるまい。
そしていまさら気にしても仕方ないよな。
阿蘇、屋久島、大田神社、利尻と登山をこんだけしてきたんだし今更だよね?

で、歩くこと10分ぐらいで到着しました展望台

景観はこちら
壮観からの景色

ああ、うん、予想はしていたけどやっぱり残念だ。
他の展望台までわざわざ脚伸ばすことねえな。
一番期待できそうなここでこれだし。


島の密集した景色が見たいならどう考えても九十九島のほうが良いと思うんだ。

日本三景はほんとに残念だと思う。(宮島は許すが)

その後は、松島海浜公園まで移動して就寝。

翌日、奥羽山脈を越えて山形市を目指すことを考えたら仙台市内まで行きたかったんだが仕方ない。
前日の移動が予定より手前で終わってしまったことの影響が出てしまったけど何とかなるだろきっと。



より大きな地図で 162日目 を表示

より大きな地図で 162日目 を表示

近況報告と160日目(2013/10/7)

皆様お久しぶりです。
なんとなく楽しくなかったくせにそこそこ写真だけは撮った日だったって考えたときにブログに載せる写真選定するのだるいなと考えていたら1ヶ月以上も更新が停滞していたダメ人間です。

そんな間に私の環境に変化がありましたのでそちらから報告を

アルバイト始めました
旅の間にやろうかなと考えていた自転車店で始めたのでこのまま接客が嫌にならなければ自転車屋になる道を歩んでいくものと思われます。
1週間ほど働いた感じではやっぱ趣味だからかそれなりに楽しめている気がするのでしばらくは続けるんじゃないでしょうか。
旅人の世話とかできたら楽しいので来店したら喜んで対応したいところだなあ。


以下、旅の内容へ

この日はお世話になった方の家を去り平泉を目指すことに
ただ、あいにくの天気で曇り時々小雨って感じであまりうれしいことない天気

そして走る道も国道4号線という交通量が多い道で楽しくねえ
それでも走れなくはない程度だし仕方ないと諦めてカッパ着たり脱いだりしながらだらだらと走り着きました平泉。

私は神社仏閣といいますか人口建築物にはそこまで興味がないのですがせっかくだから行ってみようかなとよってみたんだけどはっきり行って
なんだかなあ
って感想がぴったりの場所だったな

そんな平泉(中尊寺)の道はこんな感じ
金色堂入り口

いざ金色堂へ

肝心の建物の周りには人が多いので加工するのめんどくてアップしないことにした。
うん、手抜きですよ
否定なんてしませんとも。

それでも金色堂ぐらいは写真アップしたかったんですよ。
でも、写真撮影禁止だったのでね。

そして肝心の金色堂がなんだかなあと思わせた一番の原因だったのでぜひ皆さんに見せたかったんですが、写真撮影NGだったので言葉だけで

まず
入場料が\800
(これはとある方法を使えば一部の人間はタダでは入れたとこのブログに何度も登場している石山氏が後になって教えてくれた。興味ある方は調べてみれば分かるかもね)

次に
金色堂は建物内部のガラスケースの中にある
はっきり言って動物園のパンダをかなり遠くから見ている気分だね

おまけとして人が恐ろしく多い
行ったの平日でしかも天気が悪いってのにこれでは風情もくそもねえな
まあ神社仏閣関連で言えば京都も似たようなもんではあるんだが


とまあ個人的には楽しめなかった平泉を後にして先を目指すことに。

ここから私が向かうのは真っ直ぐなんかではなく、海岸を目指すことに。
だって日本三景の松島を見ようと思ったらここらで海岸線に出とかないと。
まあ、過去に行った事あって大した事ねえなと思ったので一応日本一周してんだし旅の間に日本三景ぐらい見とかないといかんかなと思ったからなんだけど。
あと、過去に行ったときは展望台にまでは行かなかったからってのもある。

そんなこんなで、気仙沼を目指し走ることに。
この日の目標は道の駅大谷海岸だなと道の駅かわさきにて休憩しているときに決め、出発しようとしたところで地元の爺さんに話しかけられた。

その人の話が長い長い、そして言ってる事の半分も分からねえ
とまあこれで1時間ほどロスしたしちょっと急がないと日暮れまでに目的地に着けねえなと思い出発して少ししたら爺さんが原付止めて待っていた。

で、私に止まるように指示してこれをくれた。
大量の補給物資
大量の補給物資やらなんやら。
とてもありがたいのだがいいのか?と思いつつももらう私。
(道の駅にいるときにもリポDとポカリを買ってもらっている)

補給物資を受け取りしばらく走っていたらまた爺さんがいた!


なんで?
と思いながらも指示に従い路肩にて停止して話をしたらこの上の駐車場で休んでいけとのこと。
そこでも会話が長くなったのとこの駐車場には東屋とトイレがあるのでここで寝ることに決定しこの日は終了。

なお爺さんは東屋とトイレがあるからここでこの日は終わったらいいんじゃないかと気を利かせて待ってくれていたらしい。
ありがたいけど行き過ぎた親切になってしまっているそんなお方だったな。

後、道の駅大谷海岸を目的地にしていた理由が過去に寝たことのある場所でそこの飯屋のおっちゃんともう一回会話できたらそれはそれで楽しいかなと考えていたからだったんだがまあこういう予定と違うのも旅の楽しみではあるよね。


おまけ、くれたものの中に反射タスキがあってつけて走れといわれていたんだけど
結局捨てた。
だって夜にライトで照らしてみても全然反射してるように見えなかったのでこれだったら意味ないわと思ったので。
皆、100均のやつは役立たずみたいだから買うならもう少しお金出したほうがいいよ。



より大きな地図で 160日目 を表示

154~159日目(2013/10/1~10/6)

さてさて私用で帰宅しなければならないとめんどくさい事が立て続けに起こっているけれども仕方ない。
文句を言っていても何も始まらないので新幹線で大阪の自宅へ

で、2日と4日に用事があるため間は特になにもないのだがせっかく家にいるのだしと風の感知を目指しであるかないことにしてたので基本的に暇な日々を過ごすことに

とりあえず今後のルートでも考えるかなと考えたらえらいことになった

当面の目的地
中尊寺
松島
山形市
蔵王

このあたりかなあ
その後は福島県経由して関東入りかね
うん、原発問題を覗いても海岸走る気ねえな
だって山形とか海岸沿いしか走ってなくて全然見てないからせめて県庁所在地がある町ぐらいは見ようと思って
後、蔵王へ行ってみたいから仕方ない

とまあ基本的にゆっくりと過ごしていて4日にまた家を出る予定だったんだけど色々あって6日にズレることに
で、せっかくだからと友達と飯を食おうかなと
まだ咳が出るってのに何故家で大人しくしていようと思わないのか俺は

ETごっこ
そんでまあこの2人と会ったわけだが、スーツ姿の奴は仕事帰りに上司と飲みに行くことになってたみたいで終電までの30分ほどのためにわざわざ来てくれるとかありがたいね。
で、この2人と飯を食おうと思ったのは私が自転車屋をやろうかなってことを相談するなら高校までの友人連中よりも自転車に乗ってるやつらのほうがいいかとの判断から

それにしてもマクドでこのETごっこをしてる野郎2人の写真を見たらシュールきわまりねえな
その場だとただボケてるだけで特に気にならんってのに

その後は6日に預かってもらってる方の家に新幹線で再び出発することに
そのついでにここへ寄ってみた
日本橋
はい、大阪が誇る電気街日本橋ですね

ちゃんと用事があったからよったんですよ
ホントですよ





イヤーピースとスマホのカバー
この2点を買うって用事が
左:スマホのカバー
右:イヤーピース
スマホのカバーは新しい機種に変えた時に買ってなかったけど落としたりすること考えたらやっぱ必要かなと
そもそも釧路で壊れなかったらスマホの交換も必要なかったんだけど

イヤーピースは旅に持って行っているイヤホンのイヤーピースが割れてしまったので新しいものを買う必要があるなと
イヤホンに付属していたイヤーピース?
そんなものは最初にちょっと試しただけで使うことなく処分しましたよ
オーディオってのもお金のかかる趣味だから気をつけるんだよ
このイヤーピースは3セットで2500円しております

その後、新幹線で我が自転車を預けてるお方の家へ行ったんだがその新幹線内で私をイラッとさせる出来事がございました。

3人がけの席で窓側に私が座っており残り2席は空席の状態で出張帰り?のおっちゃんが通路側に座ってカバンをあいだの座席においた
で、ビールとおつまみを食べる
まあここまではいい

その後で私は眠くなったので少しの間、寝たわけだが東京が近づいてきた時におっちゃんが(自身の)カバンをあさりだす。
どうやらスマホが見つからないらしい。
おっちゃん:盗まれたんじゃね?と思い私に席立ってる間に誰かここに来た?と聞いてくる
私    :寝ていたのでよくわからないと素直に答える
おっちゃん:しっかりしてくれよアンタしかいないんやからと私を疑うような発言をする
私    :イラっとしてそんなふうに言うなら私のカバンとか調べますか?と言う
おっちゃん:ほんとにそうさせてもらいたいわ。と言う

その後、私のカバンを探すまでもなくおっちゃんの服の中から出てきたのだが他人に文句言う前にちゃんと調べてから言えと。
降車時に誤ってたけど私は当然ふざけんなと思ってたわけで
後、そんなんどうでもいいから俺の目の前から消えてくれと

こう思うのは当然だと思うんですがいかがなもんですかね



とまあ些細なトラブルに巻き込まれたってことがあったけど翌日から再出発だ


なお私のチャリはこんな感じで家の中に保管してくれておりました
家の中で保管してくれてました
ありがたいことですね
プロフィール

Author:ねこカン
2013年4月現在28才のオタクが行う自転車日本一周の足跡です。
各地の面白情報あれば以下のメアドに連絡くれるとねこカンは喜びます。
off.nekokann@gmail.com
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。