スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

114日目(2013/8/22)

さあ今日は登山だってことで駐車場に突如現れたテント村を撤収します。
見返り展望台に突如現れたキャンプサイト

これはヒドイと言われても仕方ないですね。
でも旅人が集まるとよくある光景に見えてきたから恐ろしい。

登山開始ってことで普通はこのようにザックで登りますよね。
イカちゃんと共に登ります
(後ろにイカ娘がくっついているのは彼のシンボルマークってことで気にしない。)

だがしかしここに猛者がいた。
ちょっとそこまで買い物に
サイクルウェアにスーパーの袋を片手に持った大先生!!
彼はこの登山を近所の買い物と勘違いしているのでしょう。
(私もザックがなかったのでスーパーの袋で登ってましたが、無理やり背負ってたので両手は開いていた)

そんな買い物帰りの男1人を含めたパーティーは山を登っていきます。

中腹での景色がこちら
利尻山中腹よりお届けします

そしてこの景色を撮影した辺りでアクシデントが。
私と高橋君の腹に不調が。

原因はおそらく「この水は飲めません」って書いていたトイレの水を使って朝飯作ったからでしょう。

それにしても昨晩トイレの水使って料理した大先生、高橋君が翌朝ピンピンしていたから煮沸すりゃあ大丈夫と思って朝、料理に使ったのが失敗だったようだ。

再利用水などの飲めませんって書いてある水は手洗い以外で絶対に使っちゃダメだよ

以上、実体験に基づく教訓でした。

なお腹の不調は2人とも何とか処理することにより回復しましたとさ。

その後、登山を再開した一同はこんなところを通っております。
利尻の裏側の登山道だからかこんなところもちらほら
表の登山道じゃないからかなり険しいんだが。

利尻山8合目よりお届けします
やっぱ山の景色っていいよね。
でもまだ頂上ではないのでどんどん登ります。

次なる難所はこちら。
背負子投げの難所
背負子投げの難所。
普通に考えて両手使って上り下りする場所ですが大先生はスーパーの袋片手に降りておりました。
当然、皆でよこせとか投げて渡せとか言ってたんだが聞く耳持たず。
「大丈夫、大丈夫」
と、とても危険な行為をしておりました。
ダイキとか半切れ状態だったけど当たり前だよな。
皆、事故してからだったら遅いって分かるよね?

背負子投げの難所を過ぎると次は山の崖を横切ることに
崖が真横の花畑を通って山頂を目指します。
ここは風が結構強く危険。
また道に草花が覆いかぶさるようにして生えている。
そんなこの道を歩いていると
「イタ」

と大声で叫んでしまうことが。
枝が刺さったのかと思い足元を見たが何もない。
今度は足を見ると熊蜂と思われる蜂が…
どうやら足を服の上から刺されたようです。

その後もしつこく私の足を刺すモーションを繰り返していたので服を引っ張って刺されないようにして助けを求めることに。
ここで恐れを知らない長野県民高橋が手で叩き殺してくれました。

そんな事があったためこのまま登るのか、下山するのかで私に決断が迫られることに。
熊蜂だし大丈夫だろうとは思ったけど安全のために下山することに。
この時に高橋君が一緒に降りてくれることとなり、残り3人は天辺を目指して進んでいきました。

で、下山中は毒で意識朦朧とした時に気が付いてくれなかったらやばいなと思いずっと喋ってることに。
声が聞こえなくなったら俺がピンチなんだと気が付いてくれるように。

まあ何事もなく下山できたんだけど途中で少し頭がボーっとしたのであれが蜂の毒だったんだろうなあ。

そうそう下山途中と言えばこんなものがあったんだ。
ブルーベリーの原種?
高橋君が「ブルーベリーの原種?」とか言って俺も気になったので2人で食べることに

中はこんな感じ
ブルーベリーの原種?2
まあ食えなくはなさそうですよね。
味は酸っぱくて不味かった。

そんな事より朝に腹壊した2人だってのにこんなことをまたやってるんだから懲りたんだか懲りてないんだか。
後で合流したダイキとかに話したら
「バカだろ」
って当然のように言われました。
はい普通だったらそう思いますよね。

後は下山中に雲海が微妙に見えたので良かったのだと思っておこう。
利尻山俺より下に雲が見えるぜ

頂上組は視界悪くてそこまで楽しめなかったらしいし。

なお下山後に刺された個所を見たらこんな感じ
蜂に刺されたところ特に何もなさそうで良かった
ちょっと赤くなってる程度で腫れたりしてないので大したことなくて良かった良かった。

後はこの日に函館で別れた岩瀬さんがやってきて合流した。
彼はルート変更して遠回りした関係で我々より遅れて利尻にやってきたらしい。

その後は全員合流した後に晩飯をごちそうになったり風呂に入りに行ったりして寝ましたとさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこカン

Author:ねこカン
2013年4月現在28才のオタクが行う自転車日本一周の足跡です。
各地の面白情報あれば以下のメアドに連絡くれるとねこカンは喜びます。
off.nekokann@gmail.com
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。