スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

123日目(2013/8/31)

雨が止んだぞー
ただし雲りだー


それでも雨降ってないので進むぞってことで私と高橋君は裏摩周展望台、神の子池を経由して斜里へ出ることに。
ダイキはこのまま南下して釧路へ行くとのことなのでここで再びお別れ。
バイバイまたどっかで会おう。

そして出発して店が何もない道がひたすら続きます。
牧場だけがいっぱいあって牛とかいっぱいいたけど見慣れてしまって全く写真撮らなかったけどね。
それでもこれは撮ってしまったw

牛!!

山にでかでかと書かれた
圧倒的存在感の

牧場密集地帯だったからだろうけどこれはビックリな大きさだったよ

そして牧場地帯をぬけヒルクライムを開始すると残念なことに
展望台近くからは霧って言うか霧雨になってたけど

当然ずぶ濡れになるの勘弁ってことでカッパ着用でも汗でぬれる
しかも止まると寒い
北海道はマジで俺たち旅人の事を試してくるな
怖いところやで

それでもいい景色が見れるかもと思って登った展望台からの景色がこちら
濃霧の摩周湖
濃霧の摩周湖ですね
何も見えません

何というかすごくきれいに見れてるのと何も見えないのとで両極端じゃね?
「俺はこの中間が欲しいんだー」
ってこの時ほど思ったことはないね。

なおこちら側だけだと摩周湖だから霧で見えないだけじゃないと勘違いされたら嫌なので展望台より駐車場側を映した写真ものせとく
裏摩周展望台駐車場
ね、霧がひどいでしょ。

その後はすぐに神の子池に向かわずに裏摩周展望台の所にあった土産物屋で少し体乾かすために休憩。
またすぐに濡れるけど濡れた状態で止まってたら休憩にならんからこれはありがたかった。


そしてここに全日本道路地図のポスターがあったんだけど、これ見ながら私はこんなことを思ってしまった。

長野行きたいけど関東回った後だとやっぱり時期的に厳しいだろうなあ。
ちょっと待てよ。
関東は全県元々回る予定だったから群馬からそのまま長野に先に入ってその後で関東じっくり回ればいいんじゃね?
長野このルートなら無理なく行けるやったね。
長野までの詳細なルートを東北が終わるまでに決めよう!

はっきり言って馬鹿ですね。
そしてここからは長野行く気満々で旅をすることにw

そんな大幅なルート変更を心に抱いて次なる目的地へ

道中、多量の人参が道に散乱していた
すぐ前に人参を多量に積んだトラックがあって、運転手らしき人が処理をしていたのでトラックから落ちたんだろうなあ

ちょっと撮りたかったけど不謹慎だなと思い写真に収めることはしなかったので文章だけで

人参散乱事件の現場を越えてたどり着いたは神の子池のダート
神の子池への道1 神の子池への道2

神の子池への道3
すごく固い地面だし一部を除いて穴が開いていることもほぼない2㎞。
これならシクロクロス等を旅使用に変更したチャリでも問題なく走れるんじゃないかな。
それでもアスファルトとは違うのでダート走りなれていない人は少し注意して走ってね。

私は戻るときの下りでスピード出し過ぎて(30kmは出ていた)穴回避できずに突っ込んでバランスを少し崩したって事件もあったのでダート全然走ったことない人が舐めて走ったらえらい目に合うかも。
と一応程度に注意しておく。

肝心の神の子池はこんなところ
神の子池
私のフロントバックと看板なんてどうでもいいって?
まあまあそう言わずに、私がここからチャリで来たってことを分かるようにするために記念撮影の1枚として入れるようにしたって代物
ここから始めたんだと自分で分かるように入れたかったんだ。

肝心の池はこちら
見事に濁ってますねえ神の子池
素晴らしい
素晴らしく濁ってるよ神の子池


天気よかったら綺麗な青色らしいんだけどそれは見れなかった。
この時、小雨降ってたし仕方ない。
これはこれでレアな体験できたんだと思うことにして自分を納得させることに。


そうそう神の子池には車できた観光客が大量発生していたので幻想的な雰囲気を求めていったら観光客の多さでガッカリするかもね。

その後は斜里に出るまででちょっと寄った清里のじゃがいも焼酎の工場がある所の横にある建物(つい先日まで営業していたらしい)の管理をしている方に暖かい飲み物を頂いたりってことがあった。
濡れてる体にはとってもありがたかった。

(この方の話によりこの日は工場見学できないっぽいことが分かったので見学はしてません)

そして斜里のスーパーで買い物をして知床峠の手前の道の駅までぎりぎりつけるってことで先を急ぐことに。

途中でこんなものを発見
オシンコシンの滝
オシンコシンの滝って言うらしいよ
中々に素晴らしい滝だった
有名なところらしいんだが、ここにたどり着くまで知らないってんだから俺は勉強不足だよな

この滝の入口の所にはお土産屋もあってついついこんな遊びを
オシンコシンの滝の横の土産物屋にて
マナー悪い事やってるのは理解してるが、やりたくなる気持ちは理解してくれると信じてる。

使用後にはちゃんと元の場所に丁寧に戻しておきましたよ。

そして何とか夕暮れ頃に道の駅うとろ・シリエトクにたどり着きこの日は終了。
この近くに温泉があったので入りに行ったりしてた。

後、道の駅にテントNGみたいなマークがそこらじゅうにありましたが軒下にテント張らせていただいたなあ。

だってこの日の夜も雨だったんですもの。
近くにキャンプ場あったみたいだけどそんな中テントを晒したくありませんよね。

高橋君と一緒にキャンプ場でキャンプしてるっぽい大学生チャリダーの集団の事をありえねえと言いながら寝たな。
サークル活動としてはそれの方が正しいし、私も何かしらの団体として行動してたら仕方なしにそうしただろうけど



より大きな地図で 123日目 を表示
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこカン

Author:ねこカン
2013年4月現在28才のオタクが行う自転車日本一周の足跡です。
各地の面白情報あれば以下のメアドに連絡くれるとねこカンは喜びます。
off.nekokann@gmail.com
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。