スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31日目

半日待機した道の駅を後にして一路阿蘇山山頂を目指します。
最初からこんな感じの道でなかなかに容赦ない斜度。
山頂へ至る道_麓
流石山頂が近づいてるだけあるな。

それで一気に上りきるのは無理だろうし撮りたい景色を撮りつつゆっくり登ろうと考え撮った写真の1枚がこれ。
阿蘇の朝

そんな感じで何度か休憩を繰り返してようやくつきました阿蘇山ロープウェイ乗り場。
阿蘇山ロープウェイ乗り場

距離 約15km
標高 約1200m
平均斜度 約4%
(道の駅の標高は約500m)
走行時間 約2時間

改めて書くとこれ荷物なくても登るの苦手だったり最近チャリ始めたばかりの人だったら心折れてそうな内容だな。

でロープウェイも徒歩も全て8:30までゲートを閉鎖してるってことで徒歩の入口前で待機してたら登山に来ていた年配の方が
「火口行くよりもいいところへ連れて行ってやる。」
と仰るので「ありがとうございます」って感じで喜んでついていく事に。
そして火口の横道にある木道へ入って行き
阿蘇_中岳を目指して1

どんどん進んでいきます。
阿蘇_中岳を目指して2

こんな感じの岩肌の部分も登り始めた辺りで
阿蘇_中岳を目指して3

「俺、この靴(MTB用ビンディングシューズ)で大丈夫か?」
と考えながらも何とかついていき
こんな感じの景色や
阿蘇_中岳を目指して4

火口を少し離れた位置から見下ろしたり
阿蘇_火口を見下ろす

途中で記念撮影とってもらったりと景色を楽しんで進みます。
阿蘇_中岳手前で記念撮影

阿蘇_中岳を目指して4

で最後に山の尾根を歩いて
阿蘇_中岳を目指して5
(後姿が映ってる人が案内してくれた方)

なんとかたどり着いた目的地、阿蘇山の中岳ってところ
そこから見下ろした景色は絶景だった。
阿蘇_中岳からの景色1

阿蘇_中岳からの景色2

そんな感じで登山を往復3時間ほどかけてしましたとさ。

当たり前だけど私以外の皆さんトレッキングシューズにリュックは標準装備、オプションでストック持ってたりと普通に登山を楽しむ服装の方しかいなかった。
チャリ用シューズでここ登るやつって年間何人いることやら・・・

そして高千穂を目指すために阿蘇を後にするときに案内してくれたかが
「高千穂目指すんだったら白川湧水は行っておけ。水が甘くて美味しい」
と仰っていたので立ち寄り
白川水源

飲んだが、水道水よりは甘い程度かなあ。
ミネラルウォーターよりはこっちの方がいいかなって微妙なことを思ってしまった。

その後、別府でも再開をしたバイカーさんと道の駅 高千穂で待ち合わせをしているので急ぎ高千穂へ。
(前日のうちに高千穂行くならレンタルボートをシェアしないか?と言ってくれていた)
そして高千穂峡のボートを借りて絶景を楽しんで道の駅へ帰ってその日は終了。
翌日は一日雨だしたまってる2日分のブログは明日書けばいいやってことで放置してしまいました。

高千穂峡の写真は?って皆思うと思うので何枚か乗せときますね。
高千穂峡1

高千穂峡2

高千穂峡3



より大きな地図で 31日目 を表示

より大きな地図で 31日目 を表示
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこカン

Author:ねこカン
2013年4月現在28才のオタクが行う自転車日本一周の足跡です。
各地の面白情報あれば以下のメアドに連絡くれるとねこカンは喜びます。
off.nekokann@gmail.com
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。